26cmのメバルが出た。持って帰りたかった・・・

どうも。へち助です。

今年に入ってから、初めての釣りに行ってきました。

寒いですからね・・・

なんとなく、足が遠のいておりました。

先日は、お天気も良く、風も強くは無さそうだったので、ポートオブ博多の岸壁に行ってみました。

行ってみると、風がびゅーびゅー吹いているじゃないですか・・・

ちょっとやる気削がれたんですが、がんばってみましたよ~。

釣行に関する情報

日時:2020年2月1日(土)17時00分~22時
場所:ポートオブ博多岸壁
天気:晴れ(風あり)
潮 :小潮(月齢7.2日)
干潮:20:24
満潮:02:23

仕掛けは?

いつもどおりのへち釣りの仕掛けです。

今回は、メバルをメインに狙いましたので、タナを素早く探るために、Bのガン玉を2個、ハリから3㎝ほど上につけました。

このくらいのオモリがあると、スルスルと仕掛けが落ちていきますので、タナを探しやすくなりますね。

チヌ針3号にハリス2号をつけています。

エサは、アオムシ(アオイソメ)を30g購入しました。

もしかして、大物がいないかな・・・なんて思ったので、アオムシは1匹掛けをしています。

釣り方としては、タナを1ヒロから探って、アタリが無ければ、50㎝きざみで仕掛けを落としていきます。

50㎝仕掛けを落としたら、そこで、約15秒程度、ジッとアタリを待ちます。

そして、アタリが無ければ、さらに50㎝落としていくというやり方です。

では、釣果の方は・・・

釣果は?

17時に釣りを開始したんですが、まったくアタリなし・・・

まだ、日も高いので、仕方ないですかね。

外にいると、寒さで体力を消耗しますので、車の中で、腹ごしらえをしました。

そして、日が沈んだ18時過ぎに、釣りを開始。

タナは、1ヒロから始めます。

スルスル~、スルスル~・・・・

まったくアタリなく、底まで仕掛けがついてしまいました。

そこで、約30秒ほど、アタリを待ちますが、何の変化もなく。

『あ~、もしかして、今日、ボウズかも・・・』なんて、イヤ~な予感がします。

5mほど移動して、仕掛けを落としていきます。

スルスル~、スルスル~。

Bのガン玉が2個付いていますので、風があっても、素早く落ちていきます。

どのくらいでしょうか?

約8mくらい落ちたところで、竿先を抑えるようなアタリが!!

竿先を少し上げてみると、ヒットしたようです。

上がった来たのは、こちら。

10㎝ほどのかわいいメバル君です。

ん~、なんだか、やる気が出てきましたね!

そして、第3投目。

スルスル~、スルスル~

先日は、どうも、浅いタナでは、食ってきませんでした。

底の方でアタリが出ることが多かったですね。

今度は、ひったくるようなアタリです。

グングン、グングン、海中に潜りこんでいきます。

かなり、元気が良かったですね。

この犯人は・・・

はい、このお方でした。

体長30cmくらいですかね。

その割には、結構、いい引きしてくれました。

その後、30cmクラスのシーバスを5匹、15cmクラスのメバルを5匹釣ることが出来ました。

まあまあ、いい感じでしたかね。

そして、最後に、登場したのは、こちらのメバル君です。

メジャーで測定した写真が保存できていなかったので、証明できないんですが、このメバル26㎝だったんです。

なかなか、いいサイズじゃないですか?

持って帰りたかったんですが、クーラーを持ってくるの忘れてたものですから・・・

残念なんですが、海に、帰っていただきました。

釣果としては、こんな感じです。

・シーバス:6匹
・メバル :7匹

最後に

今年、初めての釣りでしたが、まあまあの釣果だったと思います。

21時ごろから風もおさまり、釣りやすくなりましたしね。

でも、それ以降は、アタリは無くなってしまいましたが・・・

先日の釣行で気がついたのは、ガン玉の位置です。

最初は、ハリから3㎝上に打っていたんですが、アタリが遠のいたので、10cmくらい上に変えてみたんです。

そしたら、また、アタリが出始めまして・・・

たまたまかもしれませんが、アタリがなくなったら、ガン玉の位置を変えてみるのも、ひとつの方法かもしれません。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。