へち釣りの仕掛けについて

どうも、へち助です。

今日は、へち釣りの仕掛けについて、書いてみたいと思います。

へち釣りの仕掛けって、ホントに、シンプルなんです。

道具は、道糸、ハリス、ハリ、ガン玉、これで終わりです。

ですので、道具代もほとんどかかりません。

お財布にやさしい釣りであります。

では、早速、へち釣りの仕掛けを書きたいと思います。

道糸とハリスは直結する

まずは、写真を見てください。

写真の下の方に、道糸とハリスを直結した部分があります。

白く見えるのが道糸で、少し透明に見えるのがハリスです。

このように、へち釣りでは、道糸とハリスを直結させます。

直結の方法は、後日、書いてみたいと思います。

もし、直結が出来ない場合は、こういった小さなサルカンを使ってもいいですね。

ささめ針(SASAME) 道具屋極小スイベル 両ダイヤアイ PA253 14号

新品価格
¥247から
(2019/12/18 20:57時点)

ガン玉の位置はエサによって変える

道糸とハリスを直結した後、ガン玉を打ちます。

この時、エサの種類によって、打つ位置を変えています。

その理由は、経験的に、そうしたほうが良く釣れるような気がするからです。

ムシエサの場合

福岡では、『アオムシ』というエサを使います。

一般的には、『アオイソメ』と言うんでしょうか。

ムシエサを使う場合、ハリから約3㎝くらい上にガン玉を打っています。

理由は、そのくらいの方が、良く釣れるからです。

あまり上の方に打つと、ハリスとムシエサが絡んだりします。

あまりハリに近いと、釣れないような気がするんですよね・・・

おそらく、ハリの近くに打ってしまうと、ムシエサの動きが悪くなるんじゃないかと思います。

これは、僕の考えですので、分かりませんが・・・

カニの場合

僕は、チヌ(クロダイ)を釣る場合は、カニをよく使います。

その場合は、こんな感じです。

先ほどと違って、ハリのすぐ上にガン玉を打っています。

ハリの根元に打ってもいいみたいですよ。

こうすると、カニがスルスル落ちていきますので、チヌの食いも良くなるようです。

ハリスの長さ

ハリスの長さですが、僕は、約50㎝くらいしかとっていません。

これは、人それぞれなんですかね・・・

僕の経験では、長くても、短くても、釣果には関係ないような気がします。

最低でも、50㎝ほどあれば、魚は釣れますよ!

ハリスの細さ

僕の場合、道糸が2.5号ですので、ハリスは2号で釣っています。

あまり細いと不安ですからね・・・

昼間にハリス2号だと、チヌは食わないんじゃないかと思うかもしれませんね。

ですが、そんなことありません。

チヌは繊細だと言われていますが、食い気のある時は、ガンガン来ますので、2号でも大丈夫です。

もし、不安であれば、もう少し細くしてもいいかもしれません。

ガン玉のおもさ

ここで、大事になってくるのが、『ガン玉のおもさ』です。

ここでも、エサによって、おもさを変えています。

ですが、基本的には、B~3Bしか使っていません。

ムシエサの場合

ムシエサの場合は、どんどん、タナを探りたいので、3Bを使用しています。

Bを使っていると、落ちるスピードが遅いので、時間がかかってしまいます。

早く落として、アタリを待つ。

当たりがなければ、さらに、深ダナをねらいます。

ですので、3Bくらいのおもさが、ちょうどいい感じですね。

カニの場合

カニを使う場合は、基本的には、チヌを狙っています。

シーバスも釣れますが、どちらかというと、チヌを狙っていると、釣れてしまう感じです。

チヌを狙う場合は、エサが出来るだけ自然に落ちるように見せたいんです。

ですので、あまり重いものをつけていると、エサの落ち方が不自然になります。

まずは、Bから始めて、シチュエーションによってガン玉を変更しています。

その日によって、違いますからね。

3Bに変えた途端に、食ってくる時もありますので、一概に、Bが良いとは言えません。

ガン玉の使い方などは、後日、釣り方のところで書いてみたいと思います。

最後に

いかがですか?

メチャクチャ簡単でしょ?

これだけで、魚が釣れるんです。

『ホントかな~?』って思わる方は、試してみてください。

ポンポン魚が釣れますから。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。