へち釣り用のタイコリールの取り付け方

どうも、へち助です。

先日、リールに関して、『へち釣りを始めるならこのリールが最適』と『 へち釣り用のタイコリールの回転が悪い時はこうする 』の記事を書きました。

今日は、リールの取り付け方について書いてみたいと思います。

みなさんは、スピニングリールはどちらの手で巻きますか?

僕は、右手で巻いていました。

ところが、タイコリールって、右手でスピニングリールと同じように巻こうとすると、ちょっとだけ不都合があるんです。

まずは、写真を見て頂けたらと思います。

右手でスピニングリールと同じように巻く場合の写真

こちらの写真が、右手でリールを巻くときの写真です。

右手でリールの取っ手を持って、スピニングリールと同じように巻こうとすると、写真ようになります。

見てわかると思いますが、竿と道糸の間が広くなってしまいます。

これが、ちょっとした不都合な点なんです。

なぜかというと、間が空いてしまうと、風の影響を受けやすくなります。

そうなると、仕掛けが海中に落ちにくくなります。

さらには、糸ふけが出てしまいます。

糸ふけが出ると、アタリが分かりにくくなりますので、ちょっと困りますよね。

竿と道糸の間を狭くするためには、こういう方法もあります。

それは、右手でスピニングとは逆方向に巻けばいいんです。

ですが、とっさの時に、間違えてしまうんです・・・要注意です。

竿と道糸の間を作らないやりかた

では、次の写真を見てください。

明らかに、竿と道糸の間が狭くなっていると思います。

こうなると、風の影響を受けにくくなります。

これは、左手で巻く場合の写真です。

なので、右手でスピニングリールを扱っていた人は、違和感があるかもしれません。

ですが、右手でスピニングリールと逆方向に巻くより、簡単だと思います。

一方、左手でスピニングリールを扱う方は多いと思います。

ところは、タイコリールは、スピニングとは逆方向に巻くんです。

慌ててしまうと、こっちの方の方が、間違えてしまうかもしれませんね・・・

竿を持たない方の手で巻く

1枚目の写真ようにして使っても、ダメではありません。

実際、そのようにして釣っていらっしゃる方もいますので。

風の影響を考えなければ、どちらでもOKってことですね。

肝心なのは、どちらの手に竿を持つかです。

へち釣りは、常に、竿を持って釣り歩きますので、利き手で持つことが多いんじゃないですかね。

仮に、右手に竿を持って釣っていたとします。

めでたく、大きな魚がヒットしました!

この時、右手でリールを巻くのであれば、釣れた瞬間、左手に竿を持ち替えないといけません。

スピニングリールなら、簡単に出来ると思います。

ですが、タイコリールの場合は、魚に持って行かれないように、親指でスプールを押さえますので、竿を持ち替えるのは大変かもしれません。

であれば、竿を持たない方の手で、リールを巻いたほうがいいかもしれませんね。

最後に

ちょっと、分かりにくかったと思います。

ですが、タイコリールに糸を巻く前に、どちらの手で、どのように巻くかを決めないといけません。

でないと、巻き方が違いますからね。

僕も、やる前は、『左手で巻くのも難しいのに、しかもスピニングリールと逆方向に巻くなんて、できるのかな?』って思っていました。

ですが、意外と簡単でしたね。

すぐに慣れました。

それよりも、風の影響を出来るだけ受けないようにした方が、釣りやすいと思います。

これは、単なる僕の意見ですので、いろいろ試してみてください。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。