ここで、こんなの釣れるの?ビックリした。

どうも。へち助です。

須崎埠頭の西側で21時までがんばってみましたが、アタリが無くなったので、今度は東側に移動してきました。

エサも、あまり残っていませんので、短時間の勝負です。

でも、あまり、釣れそうな感じしないんですよね・・・

釣行に関する情報

日時:2020年5月23 日(土)21時30分~22時30分
場所:須崎埠頭 東側
天気:晴れ(無風)
潮 :大潮(月齢0.4日)
干潮:16:11
満潮:22:38

釣り場の位置は?

今回、やってきたのはここです。

© OpenStreetMap contributor

須崎埠頭の東側になります。

もっとアップにしてみます。

© OpenStreetMap contributor

ここは、水深が浅く、大潮の満潮の時でも、3mくらいしかありません。

なので、干潮時には、釣りにならないでしょうね。

しかし、ここは、岸壁の造りが変わっています。

岸壁に窪みが出来ていて、魚が潜みやすい形状になっています。

なので、なんとなく期待できそうなんですよね。

満潮時には、チャレンジしてみても良いかもです。

釣果は?

さて、アオムシ君をハリつけて、落としてみます。

スルスル~

スルスル~

水深が3mくらいしかありませんので、すぐに、着底してしまいます。

なので、約2mくらいのタナを狙ってみました。

そしたら、コツコツ、コツコツとシーバスのアタリです。

いきなり、20㎝くらいの小さなシーバスを釣ることが出来ました。

そして、2投目。

今度は、竿先をグーっと抑え込むようなアタリ。

合わせを入れてみると、海中に潜りこんでいきます。

ですが、いかんせん、水深が浅いので、逃げようがありません。

右に左に逃げ回りますが、最後は、力尽きてしまいました・・・

なんと、上がってきたのは、この方です。

クロです。

こんな湾内の浅いところで釣れるんですね・・・

ちょっと、ビックリしました。

意外と、岸壁の窪みに隠れているのかもしれませんね。

気を良くして、再度、アオムシ君を投入すると、今度は30cmくらいのシーバスが釣れました。

須崎埠頭の西側より、こっちの浅い方が、釣れるんです。

やっぱり、釣りって、どこで釣れるか分かりませんね。

そして、最後のアオムシ君をハリに付けて、投入してみます。

すると・・・

コツコツ、コツコツ

シーバスのアタリに似ていますが、竿先を叩くようなアタリです。

一瞬、竿先がスゥ~っと抑え込まれましたので、合わせを入れてみました。

ズシッとした重みを感じます。

ん?

シーバスではありません。

一気に海中に潜りこみ、岸壁の窪みに潜り込もうとします。

僕の頭の中では、『もしかして、チヌか?』なんて、思っていました。

窪みに逃げ込まれないように、沖に引っ張り出します。

ですが、なかなか、手ごわい。

と、その時!

プツンッ

なんと、今度は、ミチイトがキレてしまいました・・・

ん~、残念。

何が食ったのか、見たかったですね。

でも、この場所は、意外と面白いかもしれませんね。

最後に

いろんなところで竿を出してみると、意外なことが起こるものです。

実は、僕がここで釣る前は、サビキ釣りをしていた人がいたんです。

でも、その人には、何も釣れませんでした。

次に来た人は、底釣りをされたんですが、やはり釣れませんでした。

そして、僕は、へち釣り。

シーバス2匹、クロ1匹、逃げた魚1匹です。

やっぱり、へち釣りには、可能性がありますね。

これからも、いろんなところで、竿を出してみたいと思います。

須崎埠頭の東側の釣果は

・シーバス2匹

・クロ:1匹

本日も最後までお付き合いありがとうございました。