へち釣りでもチヌは簡単には釣れない

どうも、へち助です。

僕はへち釣りを始めるにあたって、いろんな方のYouTubeをみて、釣り方を研究しました。

研究って言うと大袈裟ですね。

釣り方を覚えたって感じです。

YouTubeを見ていると、ホントに、簡単そうにチヌ(クロダイ)を釣り上げるんです。

しかも、連発で。

『今日は、2時間で10枚釣れました!』みたいな動画を見ると、『この釣り方は、そんなに釣れるのか?』って思ってしまいます。

ですが、僕のへち釣りの初釣行は、悲惨なものでした・・・

カニは1匹しか使わなかった

初めてへち釣りに行ったとき、エサは『カニ』と『アオムシ(アオイソメ)』を持って行ったんです。

釣り場に着いたのは、夕方でした。

まだ、日も高かったので、まずはカニをエサにして、チヌを狙ったわけです。

スルスル~

スルスル~

どんどん仕掛けを落としていきますが、まったく、変化がありません。

100%の確率で海底まで、カニさんが到着してしまう有様です・・・

基本的に、カニ餌の場合、生きが良いとか悪いとか、あまり関係ありませんので、エサを変えることがありません。

ずっと、同じエサで行っています。

2時間くらいやりましたかね~。

ハッキリ言って、退屈でしたよ・・・

結局、1度もアタリなく、エサをアオムシにチェンジしました。

『なんだ!この釣り方って、ホントに釣れるのか?』って思ったのが、正直なところです。

夜釣りでチヌゲット

日が完全に沈んでからは、エサをアオムシに変更しました。

その途端、アタリが連発するんです。

コツコツ

コツコツって。

小さいながらも、魚のアタリがあるのは、楽しいものです。

その日は、メバルと小さなシーバスが、入れ食い状態でした。

そして、『そろそろ、納竿にしようかな?』と思ったその時です。

今までとは、全然ちがうアタリが・・・

竿先を、グーっと押しこむようなアタリです。

『ん??』

『なんだこれ?』

そういえば、YouTubeでも、こんなシーンあったな?

そうなんです、ここで、YouTubeを思い出したんです。

『そんな時は、少しだけ、穂先をあおって誘ってみるといい』って言っていたんです。

そのとおり、竿先を少しだけ上にあげて、誘ってみました。

その瞬間、一気に竿先が海中に持って行かれました。

かなりの引きだったので、『上げれるかな?』って思ったくらいです。

多少、手が震えていたと思います。

そして、上がってきたのが、40㎝くらいのチヌだったんです。

これが、僕が初めてへち釣りで釣ったチヌなんです。

カニでもチヌを釣りたい

それからは、『今度は、カニでチヌを釣りたい』って思い始めたんです。

そして、後日、またカニを捕まえて、真昼間からチヌを狙いに行きました。

まあ、暇なので、時間だけはたっぷりあるんです。

そして、第一投目。

いきなり、ゴツッというアタリです。

今までに、経験したことのないアタリを感じました。

そして、仕掛けを上げてみると、カニさんが潰れていました。

正真正銘、これは、チヌに違いない!

この下に、チヌがいる!

もう、やる気Maxです。

すぐに、カニをハリに刺して、再度、同じところに落としていきます。

すると、同じタナで、またアタリが出るんです。

ですが、今回もカニが潰されています。

再度、カニをつけて落としていきます。

今回は、少しだけ、ゆっくりと落としていきました。

そしたら、『あれ?仕掛けが落ちて行かないぞ?』ってなったんです。

リールが止まってしまったんです。

『あ~、岸壁の貝にでも引っかかったかな?』と思い、ゆっくりと上げた瞬間、グングン海中に潜りこんでいきます。

そうなんです。

チヌが居食いをしていたんですね。

あまり大きくなかったので、簡単に上げることが出来ました。

30㎝くらいのチヌでしたね。

でも、これが、僕がカニをエサにして、初めて釣ったチヌなんです。

最後に

やっぱり、カニで釣るのと、アオムシで釣るのでは、アタリが違いますね。

この辺も、へち釣りでチヌを釣るおもしろさかもしれません。

僕の経験上、福岡では、へち釣りでも簡単にはチヌは釣れません。

ですが、あきらめずに、仕掛けを落とし続ければ、かならず釣れます。

歩いて歩いて、チヌを探しまわる感じですね。

もし、まだ、やったことのない方は、一度やってみてはいかがでしょうか?

きっと、ハマると思いますよ!

本日も最後までお付き合いありがとうございました。