梅雨はチヌが釣れるはず・・・

どうも。へち助です。

久しぶりに、釣りに行ってきました。

まあ、無職なので、いつだって釣りには行けるんですが、雨が降ってますからね・・・

どしゃ降りの中、釣りをするほど釣り好きではありません。

昨日は、雨が降らないみたいでしたので、出撃してみましたので、ご報告したいと思います。

釣行に関する情報

日時:2020年7月11 日(金)19時30分~21時00分
場所: 長浜 福岡造船前  ⇒  かもめ広場 北側
天気:曇り(微風)
潮 :中潮(月齢19.8日)
干潮:19:46
満潮:02:10

釣り場の位置は?

今回の釣り場は、こちらです。

© OpenStreetMap contributor

長浜の福岡造船所前に行ってみました。

大雨の後だったので、チヌでも釣れないかな・・・なんて思いながら。

でも、これが意外なことになります。

仕掛けは?

いつものとおり、へち釣りの仕掛けです。

ハリの上5㎝くらいのところに、ガン玉Bを2個打ちました(2Bのガン玉がなかったものですから・・・)。

あとは、アオムシを1匹掛けして、岸壁に落としていくだけ。

今回は、あまり深いタナは探らずに、1~2mくらいの範囲を探ることにしました。

この季節だと、夜になると魚も浮いてきますからね。

釣果は?

釣り場に着いたのは、19:30くらいです。

まだ、辺りは明るいんですが、アオムシ君をハリに付けて、釣り開始です。

ところが・・・

まったくアタリなし。

まだ明るし、こんなものだろうな・・・なんて、のんきに釣り糸を垂れていました。

そして、20時が過ぎて、辺りが暗くなってきました。

そしたら・・・

依然として、まったくアタリなし。

ん・・・魚がいないのか?

雨に流されたか?

いろんなことを考えながら、釣り糸を垂れていました。

ホントにアタリが無いんです。

ずっと、ゼロ。

なので、アオムシを交換することがありません。

よーく見てみると、アオムシ君が、だら~んとなってしまっています。

しかも、動いてないし・・・すでに死んでいる。

その後、アオムシを取り換えてみますが、それでも、アタリはゼロ。

僕の他に、1人だけへち釣りをされていましたが、その方も、まったく釣れてませんでした。

この日の長浜は、ダメでしたね。

そろそろ、別のところに移動しようなぁ・・・と思った時です。

竿先に、コツコツ・コツコツとしたアタリが!

すると、次の瞬間、竿先を海中にグンッと引き込んでいきます。

もし、竿をしっかり持っていなかったら、落としていたかも。

そのくらい、強いアタリでした。

親指でタイコリールを抑えますが、魚はグングン海中に潜っていきます。

竿先を叩くような引きです。

間違いありません。

これは、チヌですね。

巻いては出され、巻いて出されを繰り返して、やっと上がってきたのは、こちらでした。

40㎝くらいのチヌです。

良い引きでしたね。

あと10cm大きくなって、戻ってきてほしいと思いながら、海に戻してあげました。

俄然、やるが出来ました!

すぐにハリを交換し、大きめのアオムシをつけて、海中に投入です。

ですが・・・

またしても、アタリは無く・・・

かもめ広場の北側にも行ってみたんですが、そちらでも、アタリはゼロ。

雨も降ってきましたので、場所を変更することにしました。

最後に

この前来たときは、40㎝くらいのシーバス君が、良く釣れたんですがね。

釣りって、その日によって、釣果が変わります。

おもしろいですね。

この日は、まったくアタリがなかったんですが、実は、湾内ではシーバスが小魚を追いかけて、飛び跳ねていました。

なので、この日は、岸壁じゃなくて、湾内を回遊していたのかもしれません。

チヌのシーズンは、まだまだ始まったばかりですので、もっと楽しみたいですね。

長浜 福岡造船所前の釣果

・チヌ:1匹(40㎝)

本日も最後までお付き合いありがとうございました。