こんなところにこのサイズがいるのか?お魚って、どこいるか分かりません。

どうも。へち助です。

東浜南側で20時まで釣り糸を垂れていたんですが、まったく、エサも取りません。

仕方がないので、歩いて近くにある船溜まりで、糸を垂れてみました。

僕は、あまり人が近寄らないような場所に、釣り糸を垂らすが好きなんです。

でも、だいたいは、空振り。

なんにもいません。

なので、エサも残ったまま。

まあ、こういったことが多いんですが、今回は、ちょっと違いました。

釣行に関する情報

日時:2020年6月19 日(金)20時00分~23時00分
場所:東浜船溜まり
天気:晴れ(微風)
潮 :中潮(月齢27.4日)
干潮:14:40
満潮:21:06

釣り場の位置は?

今回は、こちらに行ってみました。

© OpenStreetMap contributor

ちょっと、アップにしてみます。

© OpenStreetMap contributor

東浜南側の近くにある船溜まりです。

まあ、こんなところで釣りをする人って、いませんよね。

でも、意外とこういったところって、魚がいるんですよね。

船を係留するためのロープがたくさんありますので、引っかからないように注意しないといけません。

今回は、この船溜まりを釣り歩いたんですが、赤丸をしているところで、ちょっと大きめの魚が釣れましたので、ご報告します。

釣果は?

20時くらいから始めました。

満潮は21時でしたので、水深も少しありました。

といっても、3mくらいですかね。

ロープに注意しながら、仕掛けを落としていきます。

すると、すぐにアタリがあります。

釣りは、こうでなくては、おもしろくありません。

コツコツ、コツコツ。

ここで釣れる魚は、30cm程度のシーバス、20cmくらいのメイタ(クロダイの子供)です。

合わせて、6匹のシーバスとメイタを釣りました。

まあ、暇つぶしには、ちょうど良い感じです。

そして、地図で赤丸をつけているところに来たとき、ちょっと、違うアタリが・・・

竿先を一気に、海中に引き込むアタリ。

あわてて、竿を立てます。

それでも、グングン、グングン、潜っていきます。

ん??

もしかして、チヌか?

そんなことが頭をよぎったんですが、次の瞬間、『バシャバシャ』と海面に飛び出してきました。

そうです。

シーバス君です。

でも、まあまあの大きさ。

なんとか、糸を切られずに上げることが出来ました。

犯人は、この方です。

約50㎝のシーバス君です。

こんな船溜まりにいるんですね・・・

ちょっと、おどろきです。

ところが・・・

これで驚いていてはいけません。

次に、船溜まりにある防波堤の際を攻めてみました。

地図で赤丸をつけているところです。

ちょうど、防波堤が折れ曲がっている地点に、大きめのアオムシを1匹、落としてみました。

すると・・・

コツコツ、コツコツ

とっても小さなアタリです。

少しだけ、竿先を上げてみると、ゆっくり引き込んでいきます。

ん?

なんだ、これ?

そう思いながら、合わせを入れみました。

そしたら!

一気に海中に潜っていきます。

そして、さっきのシーバス以上の力です。

防波堤の際の方に、潜り込もうとします。

必死に防波堤から引き離します。

すると、今度は沖に逃げようとします。

その時、一瞬、大きな魚体が見えました。

シーバスです。

しかも、さっきのよりも多く見えます。

ハリの交換をしていなかったので、キレるんじゃないかとハラハラしていたんですが、なんとか、取り込むことが出来ました。

上がってきたのは、こちら。

ちょっと、写真の取り方が悪いんですが・・・

60cmくらいのシーバス君です。

こんなのが、船溜まりの隅っこに隠れているんですね。

いや~、おどろきです。

その後、アタリが遠のきましたので、23時には納竿にしました。

最後に

こういった船溜まりに糸を垂らしてみるのも、おもしろいですね。

何が釣れるか分かりません。

ただし・・・

船を係留しているロープには、注意ですね。

船の持ち主さんに、迷惑をかけてしまいますから。

ここは、水深があまりありませんので、満潮前後じゃないと、釣りにならないかも。

また、今度、チャレンジしてみたいですね。

40㎝くらいのチヌなら、潜んでいても不思議じゃないんですが。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。

東浜船溜まりの釣果

・シーバス:5匹(うち1匹は60cm)

・メイタ:3匹(20㎝くらい)