今年のチヌはデカい?チャンスは1度だけっだった。

どうも。へち助です。

梅雨に入り、チヌ釣りの季節になりました。

先週は、まぐれの50㎝のチヌを釣ることが出来ました。

こういった時は、どんどん釣りに行った方が良いですよね。

そのうち、釣れなくなるわけですから。

ってことで、今週もチヌを狙いに行ってまいりました。

釣行に関する情報

日時:2020年6月19日(金)17時30分~20時00分
場所:東浜南側
天気:晴れ
潮 :中潮(月齢27.4日)
干潮:14:40
満潮:21:06

釣り場の位置は?

今回は、こちらです。

まずは、地図でご確認ください。

もう少しアップにしてみます。

東浜南側です。

この辺りは、ちょっと、岸壁が変わった形をしています。

少し窪みが出来ていて、その中に水が出たり入ったりしますので、若干、釣りづらく感じます。

岸壁スレスレに仕掛けを落としても、波で沖に仕掛けが流されてしまいます。

なので、僕は、あまり好きな場所ではありません。

まあ、僕だけかもしれませんけどね。

今日、探ってみたのは、赤枠で囲ったところです。

少し伸びている防波堤は、かなり水深が浅い。

ですが、ここにチヌがいることが多いんです。

仕掛けは?

今回は、釣り場に着いたのが17時30分くらいでしたので、カニをエサにしました。

当然、狙いは『デカチヌ』です。

ハリの根元に2Bのガン玉を打って、竿1本分を狙ってみました。

スルスル落としてもいいんですが、波で流されますので、あまり意味がありません。

ですので、竿1本分のタナで勝負です。

釣果は?

僕が釣り場に着いた時、既に、男性の方が探っていらっしゃいました・・・

まあ、その後を探ってみても、釣れないですよね、きっと。

なので、その男性が釣っていない、防波堤の方に行ってみました。

満潮までは、あと4時間くらいあります。

なので、水深は、1mくらいじゃないでしょうか?

でも、水は濁っていますので、魚を確認することは出来ません。

チヌって、朝夕になると、こういった浅場に来ることが多いんですよね。

そう思いながら、カニさんを、ゆっくり落としていきます。

あらかじめ、竿1本分の道糸を出して、竿先を下げながら、仕掛けを落としていくやり方です。

この日は、ゴミがウジャウジャしてたんですが、その隙間を狙って、仕掛けを落とします。

すると・・・

カニを水中に落として、数秒後のことです。

竿先が、グッと一瞬、持って行かれました。

ん?

そう思った瞬間、一気に竿先が水中に引き込まれます。

親指でタイコリールを抑えていたんですが、それ以上の力で、糸を引っ張っていきます。

なんとか、タイコリールを抑えますが、それでも、グイグイ沖の方へ逃げていきます。

もう、親指は、『熱っ!』って感じです。

どのくらいやり取りしていたでしょうか?

感覚的には、5分くらい?(そんなに長くないか?)

ようやく上がってきたのは、こちらです。

ジャスト50㎝くらいのチヌでしょうか(若干、足りない?)

かなり引きが強かったですね。

竿を持つ右腕が、筋肉痛になりそうな感じでした。

2週連続のチヌですので、うれしかったですね。

ところが・・・

その後は、まったくアタリなし。

さっきのチヌは、たまたま、泳いでいたんですかね・・・

20時まで粘ってみたんですが、エサも取らない状況だったので、場所を変更しました。

最後に

この場所は、僕としては、釣りづらいですね。

夕方に、釣り人が来られたんですが、『ここは、何度来てもチヌが釣れない!』と言われていました。

さらに、『チヌを釣るのに、こんなに苦労することは無い!』って。

どうやら、関西方面の方のようでした。

まあ、大阪なんかは、その辺りにチヌなんか、ウロウロしているんでしょうからね。

それだけ、福岡でチヌを釣るのは難しいのかな・・・なんて思ってしまいました。

東浜南側の釣果

・チヌ:1匹(50㎝)

本日も最後までお付き合いありがとうございました。