博多湾のお魚は、まだ緊急事態宣言中のようです。誰もいません・・・

どうも。へち助です。

5月も終わりに近づいていきました。

いや~、チヌシーズンの到来です。

ってことで、張り切って、チヌを狙いに行ってきました。

情報によれば、ぽつぽつとおチヌ様も釣れている様子。

カニさんを捕まえて、出撃してきました!

釣行に関する情報

日時:2020年5月29 日(金)18時00分~20時30分
場所:須崎埠頭 南側
天気:晴れ(微風)
潮 :小潮(月齢6.4日)
干潮:21:03
満潮:03:28

釣り場の位置は?

今回は、こちらに行ってきました。

© OpenStreetMap contributor

須崎埠頭の南側になります。

拡大してみます。

© OpenStreetMap contributor

この辺りです。

湾内になりますので、波もなく、非常に釣りやすいです。

ただし、ルアーマンの方が多いですので、邪魔にならないようにしないといけません。

小潮の干潮前という事もあってか、水深は3~4mくらいでしたかね。

仕掛けは?

釣り始めたのが18時くらいです。

まだまだ、明るい時間ですので、エサは、カニを使いました。

仕掛けは、ハリの上にガン玉Bを打ちました。

前回は2Bのガン玉を打ったんですが、ちょっと、落ちていくスピードが速いような気がしたので、今回は、Bにしてみました。

さて、これが吉と出るか凶と出るか?

釣果は?

元気なカニさんをハリに刺しまして、岸壁スレスレのところに、仕掛けを落としていきます。

スルスル~

スルスル~

・・・・

・・・・

まあ、カニをエサにしたら、こんなものです。

チヌがいなければ、まったく、釣れません。

まあ、30分くらい、無反応なんて、よくある事です。

なので、気にすることなく、スルスル~を繰り返します。

スルスル~

スルスル~

・・・・

・・・・

なんと、1時間半、これをやっていました。

しかも、カニさんは、とっても元気です。

ってことは、一切、魚がカニを食べていないってことです・・・

バカですよね・・・

1時間半も、スルスル~をやっていたわけですから。

気がつけば、19時30分。

辺りも暗くなってきました。

今回も、おチヌ様の顔を見ることはありませんでしたね・・・

ハリに刺さっていたカニさんにお礼を言って、海に返してあげました。

そこからは、アオムシ君に選手交代です。

今回は、大きめのアオムシ君を購入しました。

やはり、大物を釣るには、大きなエサでなければいけません。

大きなアオムシ君をハリに突きさし、海の中に、仕掛けを投入です。

『今日は、釣れるぞ~』なんて、思いながら、アタリを待ちます。

・・・・

・・・・

・・・・

ん?

ご不在かな?

・・・・

・・・・

かれこれ、30分くらいは、魚のアタリがありません。

もう、辺りは真っ暗。

もしかして、今日は、完全ボウズなのか・・・

そんなことを思いながら、仕掛けを落としていきます。

何にもアタリがないので、底まで落としていきました。

そしたら、底付近で、コツコツっとアタリが!

ん!

来たな!

少し、竿先を煽ってみると、クンクンと竿先に強いアタリが!

合わせを入れます!

ドンっと重みを感じます。

ん?

もしかして、チヌか?

そう思いながらあげてみると、意外と軽い・・・

上がってきたのは、こちらのお方。

30cmくらいのシーバス君でした・・・

意外と小さかったですね。

でも、1匹釣れましたので、ボウズではありません。

ちょっと安心しながら、仕掛けを落としていきますが・・・

アタリはゼロ。

こりゃダメだなって感じでしたので、場所を移動することにしました。

この続きは、次回に書いてみたいと思います。

最後に

なんだか、先週も、須崎埠頭はアタリが少なかったですね・・・

で、今日は、先週よりもひどい。

どうなっているんでしょうか?

お天気が良すぎるのかな?

梅雨に入れば、魚の活性も上がってくるんですかね。

須崎埠頭 南側の釣果

・シーバス:1匹

本日も最後までお付き合いありがとうございました。