須崎埠頭のメバルは良い型してました

どうも、へち助です。

先日、12月にしては珍しく暖かかったので、夜釣りに出動してきました。

無風で、気温もさほど低くなかったので、快適な釣りが出来ました。

今日は、その釣果について、書いてみたいと思います。

釣行に関する情報

日時:2019年12月11日(水)17時~20時
場所:須崎埠頭
天気:晴れ
潮 :大潮(月齢14.5日)
干潮:15:59
満潮:21:04

仕掛けは?

もちろん、へち釣り仕掛けです。

今日は、初めはBのガン玉をハリの根元に打って、カニでチヌを狙ってみました。

その後は、ハリの上3㎝くらいにBのガン玉を2個打ち、メバル狙いに変更しました。

実は、3Bのガン玉が、道具箱の中にありませんでした・・・

前回の釣行で、使い切っていたようです。

釣果は?

17時くらいに、須崎埠頭に到着しました。

この季節だと、だんだんとうす暗くなってきていました。

初めは、カニをエサにして釣っていたんですが、アタリはゼロ。

18時くらいになると、辺りは、もう真っ暗です。

そこで、アオムシ(アオイソメ)に変更しました。

今日は、メバルがメインでしたので、アオムシも普通サイズを購入していきました。

そして、アオムシをつけて、第一投目!

コツコツ、コツコツ

小さなアタリです。

まあ、エサ取りですね。

上げてみると、アオムシの下の方だけ取られていました。

エサを付け替えて、第二投目!

今度も、コツコツとしたアタリです。

少しだけ、竿先を上げて、誘ってみるとグゥーっと引き込んでいきます。

上がってきたのは、これです。

体長30㎝弱くらいのシーバスの子供ですかね。

僕のメバル用の竿でも、簡単に引き抜けました。

なんだか、今日は、活性が高いようです。

大潮のせいなのかどうか、分かりませんけど。

そして、第三投目に釣れたのが、これです。

またしても、同じサイズのシーバスですね。

ん~、こればかりなのか・・・と思ったんですが、お次に釣れてくれたが、こちらの方です。

狙っていたメバル君が食ってきました。

意外と大きくて、約20㎝弱くらいはありました。

このくらいだと、持って帰ってもいいですよね。

ちなみに、この日は、深さ1m~2.5mの範囲で良くアタリが出ました。

竿1本分くらいの深さまでです。

それ以上のタナをさぐっても、まったくアタリは無かったですね。

こんな感じで、18時~19時の間に、シーバスの子供3匹、メバル6匹を釣り上げることが出来ました。

ところが・・・

19時になった途端、アタリが、まったく無くなったんです。

どのタナを探っても、全然、ダメでしたね・・・

満潮が21時でしたので、そこまで、やってみようかと思ったんですが、納竿にしました。

理由は、お腹が空いたからです・・・

なんと、自分のエサを買うのを忘れておりました。

最後に

こんなに突然アタリが無くなるのも、めずらしいですね。

散発的になるのが、普通だと思うんですが。

まあ、こんな日もあるんでしょう。

ですが、メバルも良い型でしたので、おもしろかったですね。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。